Privacy Policy

一般社団法人 群馬積層造形プラットフォーム
個人情報保護方針

  • 制定:令和3(2021)年7月27日

1.  基本方針

一般社団法人 群馬積層造形プラットフォーム(以下「当法人」という。)は、個人情報の取り扱いに対する重要性を認識し、関連法令を遵守するとともに、この「個人情報保護方針」を定め、厳重な管理体制のもとで個人情報の保護を行います。

2.  個人情報の定義

この個人情報保護方針において「個人情報」、「個人データ」及び「保有個人データ」とは、それぞれ個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」という。)に定める意味を有するものとします。

3.  個人情報の取得

当法人は、適法かつ公正な手段によって個人情報の取得を行います。当法人は、個人情報の提供をご本人に強要するものではありません。ただし、個人情報がご提供いただけないことにより、当法人のサービスのうちご利用できないサービスが発生することがあります。

4.  個人情報の利用

当法人は、取得した個人情報について、その利用目的を特定するとともに、利用目的の達成に必要な範囲においてこれを取扱うこととします。当法人における個人情報の利用目的は、ご本人に別途個別にご承諾頂いたもの他、下記のとおりとします。
 A:お客さまに関する個人情報
(1)  当法人におけるお客さまからの相談への対応ならびに記録保管のため
(2)  当法人の業務品質改善を目的としたアンケート等の方法による調査のため、また、
(3)  受託・委託業務における契約履行のために必要な範囲内での取扱いのため
(4)  当法人が実施する人材育成(セミナー、講習会や研修等)のご案内および受講者等の管理のため
(5)  各種ご連絡、挨拶状、広報出版物等の送配布のため
(6)  契約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行のため
(7)  お客さまのご利用実績の分析に基づいた様々なサービス情報を提供するため
(8)  統計的な顧客動向調査のため
 B:会員に関する個人情報
(1)  当法人の運営およびそれに伴う連絡、相談、検討、情報提供および配布物等の授受のため
(2)  当法人の会員、職員等の管理のため

5.  個人情報の管理

当法人は取得した個人情報を適切かつ慎重に管理し、その漏洩、誤用、改ざん、不正アクセスなどの危険については、以下のとおり、必要かつ適切なレベルの安全対策を実施し、個人情報の保護に努めます。
(1)  技術的保護措置
・外部からの不正アクセスから個人情報を守るための措置(SSLセキュリティの使用、ウイルス対策ソフトウェアの導入等)を実施します。
(2)  組織的保護措置
・従業員に対し、定期的に個人情報の管理に関する研修を実施します。
・秘密保持に関する事項を内部規則に規定したうえで内部規則を会員、職員に周知します。

6.  個人情報の第三者提供

当法人は、個人情報を、あらかじめご本人の同意を得ないで、第三者に提供しません。ただし、次に該当する事由に基づき第三者に提供する場合は、この限りではありません。
(1)  当法人が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を秘密保持条項等を含む契約を締結した業務委託先に委託する場合。この場合、業務委託先の選定にあたり一定の基準を設けて審査を行うとともに、業務委託先に対して適切な管理・監督を行います。
(2)  国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
(3)  属性情報や行動履歴等の提供を行う場合。当法人は、提供しているサービスや広告の内容をよりご本人に適したものとするために、CookieやアクセスしたURL、行動履歴等の特定の個人を識別できない個人関連情報を取得し、利用又は第三者に提供することがあります。当法人は、個人関連情報の提供先に対して、当該提供先が個人関連情報を、個人データとして取得することが想定される場合には、提供先がお客様に必要な情報を提供したうえでその同意を得ているかを確認します。
(4)  その他、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

7.  個人情報の提供および受領時の記録等

当法人が第三者との間で行う個人データの授受については、個人情報保護法、関連法令及びガイドラインによって必要とされる場合、当法人は当該定めに従い、適切に確認・記録を行い、その記録を保存します。

8.  SSLセキュリティについて

当法人のウェブサイトにおける個人情報の取得に関するページには、第三者にご本人の重要な情報を読み取られたり、改ざんされたりすることを防ぐために、SSLを使用します。
SSL(SecureSocketLayer)とはデータを暗号化して通信するセキュリティ機能です。
SSLで暗号化することによってご本人の個人情報をハッカーやクラッカーから守り、安全に情報を送信することができます。

9.  クッキー(Cookie)について

当法人のウェブサイトでは、以下の場合にクッキー(Cookie)を使用することがあります。
(1)  利用者のご利用の便宜のため、カスタマイズされたサービスを提供する場合(このクッキーは利用者がカスタマイズされたページにアクセスした時、またはログインするときに設定されます。)
(2)  当法人のウェブサイトの利用者数を計るために使用する場合
なお、クッキー(Cookie)は、ウェブサイトが記録を保持する目的で、ユーザーのコンピュータのハードディスクに送付する小さなテキストファイルです。クッキーを利用すると、ユーザーの特定のサイトに対する好みに関する情報を記録して、ウェブ利用をより有益なものにできます。
クッキーにより、ユーザーの使用するコンピュータは特定されますが、ユーザー個人の身元を特定できるわけではありません。各利用者は、クッキーの使用について選択することができます。ほとんどのコンピュータのブラウザはクッキーを受け付けられるようにセットされていますが、ご利用のブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることも可能です。ただし、クッキーを拒否した場合、当法人のウェブサイトのいくつかのサービス・機能が正しく動作しない場合もありますので、予めご了承ください。

10.  留意事項

一部のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は、当該SNSの「ボタン」等が設置されたウェブサイトを閲覧した場合、当該「ボタン」等を押さなくとも、当該ウェブサイトからSNSに対し、ユーザーID・アクセスしているサイト等の情報が自動で送信されていることがあります。詳しくは「SNSの利用者のみなさまへの留意事項」(個人情報保護委員会HP)をご覧ください。 なお、当法人のサイトで利用しているソーシャルメディア等のサービスのプライバシーポリシー等は、各事業者のサイト等でご確認ください。

11.  利用目的の通知及び個人情報の開示の手続きについて

当法人は、ご本人からの、個人情報保護法の定めに基づく、保有個人データの利用目的の通知のご請求、保有個人データ(第三者提供記録を含みます。)の開示のご請求を受け付けます。ご本人からの請求があったときは、当法人は、個人情報保護法の定めに従い、遅滞なくこれを通知又は開示します。ただし、法令で通知義務が除外されている場合には、利用目的を通知しないことがあり、また、次の各号のいずれかに該当する場合には、保有個人データの全部又は一部を開示しないことがあります。
(1)  ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)  当法人の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(3)  その他法令に違反することとなる場合
(4)  法令で開示義務が除外されている場合
開示の求めの申し出先
必要書類を下記にご郵送ください。
〒373-0014
群馬県太田市植木野町880 日本ミシュランタイヤ株式会社内
一般社団法人群馬積層造形プラットフォーム事務局宛
ご提出いただくもの
以下の1、2のいずれか及び3、4
1. 個人情報利用目的の通知請求書
2. 個人情報開示請求書
3. 本人確認のための書類(運転免許証、パスポートなど)
4. 法定代理人の場合は、上記3に加え、法定代理権があることを確認する書類、委任による代理人の場合は、上記3に加え、委任状及びご本人の印鑑証明書
手数料
所定の手数料(1件につき、1,000円)をご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。

12.  個人情報の訂正等、利用停止等の手続きについて

当法人は、ご本人からの、個人情報保護法の定めに基づく、保有個人データの訂正、追加又は削除(以下、「訂正等」といいます。)のご請求を受け付けます。この場合、当法人は、個人情報保護法の定めに従い、遅滞なく調査を行い、当該個人情報の内容が事実に反する場合等、取り扱いが適正でないと認められるときは、遅滞なく訂正等を行い、その旨をご本人に通知します。
また、当法人は、ご本人からの、個人情報保護法の定めに基づく、保有個人データの利用の停止若しくは消去、又は第三者提供の停止(以下、「利用停止等」といいます。)のご請求を受け付けます。この場合、当法人は、個人情報保護法の定めに従い、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、必要な限度で遅滞なく個人情報の利用停止等を行い、その旨をご本人に通知します。ただし、利用停止等に多額の費用を要する場合その他の利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するため必要なこれに代わるべき措置をとることができる場合、この代替策を講じることとします。
なお、上記各請求の申出先及び提出書類は、下記の定めを適用する他、第11条の定めに準じるものとします。
ご提出いただくもの
以下の1、2のいずれか及び3、4
1. 個人情報訂正等請求書
2. 個人情報利用停止等請求書
3. 本人確認のための書類(運転免許証、パスポートなど)
4. 法定代理人の場合は、上記3に加え、法定代理権があることを確認する書類、委任による代理人の場合は、上記3に加え、委任状及びご本人の印鑑証明書

13.  個人情報の取扱いに関するご相談・苦情について

当法人の個人情報の取扱いに関するご相談や苦情等のお問い合わせについては、当法人の事務局までご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

14.  個人情報保護方針の変更手続き

当法人は、必要に応じて、本個人情報保護方針を変更します。なお、当法人は、本個人情報保護方針を変更する場合には、変更後の本個人情報保護方針の施行時期及び内容を当法人のウェブサイト上での表示、その他の当法人が適切と認める方法により周知または通知します。